【おすすめの家庭用脱毛器|メンズ除毛クリーム以外の選択肢】

自宅が脱毛サロンに

家庭用脱毛器ケノン

【家庭用脱毛器ケノン】

 

男のムダ毛処理に家庭用脱毛器という選択肢はどうなのでしょうか?

 

まとめてみました。

 

おすすめのメンズ除毛クリームはコチラ

 

脱毛器の方式

最初に脱毛器の方式について理解する必要があります。

 

エステサロン、家庭用脱毛器 光(フラッシュ脱毛)、IPL脱毛など
医療機関のみ使用許可 レーザー脱毛(永久脱毛はこの方式のみ)

 

レーザー脱毛は効果が永続しますが、出力が強くて危険なため、医療関係者しか使用が許可されていません。

 

出力の弱い光脱毛(=フラッシュ脱毛)は安全なので、脱毛サロンで使われています。

 

家庭用脱毛器もこの光脱毛がメインです。

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)は安全な分、効果も弱く、時間が経つとまた生えてきて、繰り返し照射が必要になります。

 

通院するなら?

専門機関に通院して脱毛するなら、絶対クリニック(医療機関)でのレーザー脱毛(永久脱毛)をおすすめします。

 

エステサロンの脱毛は通院回数もお金もかかる割に効果が弱いので、時間が経つとかなり元に戻ってきます。

 

無限ループの感があり、コスパが悪すぎます。

 

おすすめの男性用レーザー脱毛クリニックはコチラ

 

家庭用脱毛器はアリか?

しかし、フラッシュ脱毛も自宅でやる場合はアリです。

 

光脱毛なら、繰り返すほどに自然な薄毛にできます。

 

これはカミソリで剃った場合などと比べるとメリットが大きいです。

 

後から切りっぱなしの太い毛が黒いブツブツとなって生えてくるのと、自然な柔毛とどちらがいいか?

 

答えは明らかですね?

 

永久脱毛ではないので、繰り返しケアが必要にはなります。

 

しかし、エステサロンだと再度通院するのにずいぶんお金がかかりますが、自宅でやるなら低コストです。

 

家庭用脱毛器は数万円程度ですから。

 

そういうわけで、家庭用脱毛器を愛用する男性は少なくないのです。

 

ブラジリアンワックスは痛い、除毛クリームは気持ち悪い、という方。

 

検討してみてはいかがでしょうか?

 

おすすめのメンズ除毛クリームはコチラ


おすすめの脱毛器

 

ケノン

 

家庭用脱毛器のベストセラー「ケノン」

【家庭用脱毛器のベストセラー「ケノン」】

 

圧倒的人気機種

6年以上に渡り、通販ランキング上位を占める最強の脱毛器です。

 

  • 楽天市場・脱毛器ランキング2,150日連続1位
  • Yahoo!ショッピング脱毛器ランキング1,177日連続1位

 

楽天では脱毛器ジャンルに限らず、家電10万品目の中で一番売れています。

 

一度や二度、楽天で1位を獲ったとかではなく、長年の間、ずっと圧倒的な首位なのです。

 

まさにレジェンド級と言えます。

 

ハンドピースのボタンを押してを照射

【ハンドピースのボタンを押してを照射】

 

メリット
発光ユニットはかなり強い光を出すものなので、劣化します。

 

ケノンの場合、発光ユニットがカートリッジ交換式なので、非常に長く使えます。

 

ハンディタイプなど、発光ユニットが一体型のものは、ユニットが劣化したらゴミ箱行きです。

 

また、ハンディタイプなどは出力が弱すぎて効果が物足らないものが多いですが、ケノンは効果も評価されています。

 

照射面積が広いために短時間で終わるのも大きなメリットです。

 

例えば、片ワキならたったの10秒で完了。

 

ユーザーの半分弱が男性

購入者の43%が男性で、ヒゲ脱毛も可能です。

 

▼ケノンの口コミ動画が多数▼

男性ユーザー300×250

 

価格: 69,800円(税込み)
メーカー希望小売価格 98,000円から28%OFF

 

ケノンの詳細と購入はコチラ

 

ツーピーエス

下記の実績がある人気商品です。。

 

  • 楽天リアルタイムランキングにて家電ランキング1位(2014年9月2日) 
  • 脱毛器ランキング1位(2015年1月10日)

 

ツーピーエス脱毛器

 

ツーピーエス脱毛器の詳細と購入はコチラ

 

おすすめのメンズ除毛クリームはコチラ

ケノンの使用体験レポ

コンパクトに収納できる脱毛器ケノン

【コンパクトに収納できる脱毛器ケノン】

 

ハンドピースは本体のフタの内部に格納、電源コードは外付け。

 

かさばらず出し入れもしやすいです。

 

ケノンの電源を入れる

【ケノンの電源を入れる】

電源コードをコンセントにつなぎ、スイッチを入れます。

 

液晶画面で出力を選びます。

 

出力は6段階の強度が選べますが、まずは一番弱い「1」で一か所テストしてみましょう。

 

付属品のサングラス

【付属品のサングラス】

 

サングラスが付属しているので、照射前に必ずかけます。

 

照射部位の準備

【照射部位の準備】

 

照射する部位は事前に毛を剃っておきます。

 

私の場合は数日前に除毛クリームで除毛しましたが、それでも構いません。

 

ただし、脱毛ワックス、脱毛テープ、毛抜きなどはダメです。

 

こういう毛根を引き抜く脱毛をした後で照射すると、皮膚を著しく傷めます。

 

また、4週間以内に日焼けした部位も火傷の危険があるのでNGです。

 

直前にローション、クリーム、オイルなどを使うのも禁止です。

 

ケノンのハンドピース

【ケノンのハンドピース】

 

ハンドピースの先端に発光カートリッジがついており、毛根にダメージを与えるフラッシュ光を出します。

 

ハンドピースにはボタンもついていて、親指で押すたびに発光します。

 

ケノンのフラッシュを照射する

【ケノンのフラッシュを照射する】

 

ハンドピースを照射する部位に当てます。

 

この時、皮膚に垂直に当てることが大切です。

 

斜めになっているとカートリッジと皮膚の間から光が漏れて、効果が大幅に落ちるとともに目を傷める危険性が出てきます。

 

照射部位をずらしていきます。

 

同じ個所を二度照射しないように、かつ照射漏れの隙間ができないようにするのがポイントです。

 

照射後のアイシング

【照射後のアイシング】

 

照射後は保冷剤で軽く冷やします。

 

敏感な人は別として、普通は特に痛いものでもありません。

 

しかし、こうして丁寧にアイシングしておくことで、よりトラブルのない安全な脱毛ができます。

 

 

 

照射の頻度は2週間に1回。

 

短期間に何度も同じところを照射すると皮膚を傷めるので、指示書どおりに2週間あけるようにしてください。

 

おすすめのメンズ除毛クリームはコチラ