【ヒゲ|部位別・オトコのムダ毛除毛】

おしゃれ要素にもなりうる髭

ヒゲの処理についてまとめました。

 

ヒゲはおしゃれ要素にもなりうる点で他の「ムダ毛」と大きく異なります。

 

一時の感情に駆られて排除にばかり走らず、よく考えて対策を取りましょう。

 

おすすめのメンズ除毛クリームはコチラ

 

髭の医療脱毛について

ひげには「剃る」というオーソドックスで効果的な処理法があります。

 

それに満足せずに他の方法を探しているとしたら、一気に医療脱毛を検討している可能性が高いと思います。

 

生ぬるい脱毛法ではなく、永久にケリをつけたい、というわけです。

 

しかし、極端な永久脱毛をして後悔する人は結構いるようです。

 

時が経って「ヒゲが恋しく」なったり、ヒゲのない顔になってみると貧相で評判が悪いということがよくあるのです。

 

ひげは手入れをきちんとすればファッションになるし、何よりもあなたの個性の一部です。

 

青髭コンプレックスに悩まされた頬ヒゲ等を脱毛して、あごや口周りは残しておいた方がいいのではないでしょうか。

 

そしてそれらは手剃りでケアし、伸ばしたくなったら伸ばせるようにしておく。

 

もしくは全体として少し薄くなるような施術をしてもらう。

 

一時の感情に任せず、将来のことをよく考えて方針を決めることをお勧めします。

 

他のヒゲ脱毛法について

 

除毛クリーム

チオグリコール酸カルシウムを除毛成分とする、毛を溶かすタイプのクリームはすべて顔には使用できません。

 

取り扱い説明書に書かれていることなので遵守してください。

 

顔には口、鼻、目などの粘膜があり、皮膚も体より敏感なので、適用は危険です。

 

また、今の商品は防臭対策が十分されているとはいえ、鼻先で嗅げばこの物質は依然としてかなりの不快臭です。

 

ヒゲの処理に除毛クリームを使うのはやめてください。

 

除毛ローション

「パイナップル豆乳ローション」(パイナップル豆乳クリームではなく)のような植物性たんぱく質分解酵素を使ったローションは顔にも使えます。

 

取扱説明書にそう書いてありますし、不快臭も一切ありません。

 

ただ、即効性はなく、継続して使っているうちにヒゲが薄くなっていく感じです。

 

ナチュラルにヒゲを弱めたい人に向く方法です。

 

ブラジリアンワックス

首から上への使用は禁止と取り扱い説明書に書かれています。

 

ヒゲの除毛には使えません。

 

家庭用脱毛器

家庭用脱毛器のスタンダード機種「ケノン」の取扱説明書には、顔に使えると書いてあります。

 

ただし、毛根が浅い女性はそれほど痛みを感じないが、毛が太く毛根も深い男性は痛みを感じやすいとも書かれています。

 

効果は劇的ではなく、使っているうちに徐々に薄くなっていく感じです。

 

付属のサングラスは照射に必須ですが、顔に照射する場合は特に必ず着用してください。

 

電動シェーバー

有名なシェーバーのメーカーであるブラウン社の公式サイトでは次のようなコツを公開しています。

 

シェーバーできれいに深剃りするコツ
  • 洗顔後は顔がふやけるので、シェービングは洗顔前に行う
  • シェーバーを肌に直角に当て、ひげの生えている方向に逆らって剃る
  • 何度も往復するとひりつくので、少ないストロークで剃る
  • 肌に強く押し付けず、均等で適度な力をかける

 

おすすめのメンズ除毛クリームはコチラ