【食品・嗜好品との関係|体毛の基礎知識】

肉やにんにくはムダ毛を増やすらしい

食事の改善によってムダ毛を減らせないかと考える人も多いです。

 

このテーマについて整理しました。

 

おすすめのメンズ除毛クリームはコチラ

 

食事と体毛に関する通説

男性ホルモン(テストステロン)を増加させる食事は体毛を濃くすると言われています。

 

  • 肉などの動物性たんぱく質
  • 亜鉛を含む牡蠣、アーモンド、アボガドなど
  • 硫化物を含むにんにく、ニラ、ネギ

 

一方、イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)に似た作用を持つとされています。

 

体毛を薄くし、肌をきれいにすると言われています。

 

(イソフラボンはもうひとつ、抗酸化作用でも有名です。)

 

イソフラボンを多く含む食品としては大豆があり、大豆イソフラボンは女性の美容商品に使われています。

 

大豆の食品としては、枝豆・煮豆など以外に納豆・豆腐・豆乳・味噌などがあります。

 

ほかにはザクロ、カボチャ、キャベツなどが女性ホルモンを増やす食事としてよく紹介されています。

 

食事の面からは、肉やにんにくを控えて、大豆製品をよく食べるのが正解ということになりそうです。

 

喫煙・飲酒・ストレスに関する通説

喫煙・飲酒・ストレスはホルモンバランスを崩して、ムダ毛増加につながる。

 

そういう記述が女性向けの除毛・脱毛情報サイトによく見られます。

 

当サイトの結論

当サイトでは次のように考えています。

 

食べ物に注意すると、本来薄い女性の体毛が濃くなるのを防ぐ効果はあるかもしれない。

 

しかし、ムダ毛で悩む男性の濃い体毛が、除毛の必要性がなくなるほど変化するのは難しいのではないか、と。

 

仮に効果があったとしても、何年がかりもの話になる可能性があります。

 

どうしても体質を変えたくて、長期の食事制限に耐えられる人はチャレンジしたらいいと思います。

 

しかし、あまりにすべてのことを頑張ると、ストレスが溜まって挫折してしまいます。

 

男性の除毛においては、割り切ることも一つの選択ではないでしょうか?

 

つまり、即効性が期待できない食事からの改善は捨てて、自由にする。

 

そして、除毛は除毛クリームや脱毛サロンなどの直接に毛や毛根に働きかけるアプローチに絞る、ということです。

 

各々の考えで除毛を進められたらいいと思います。

 

おすすめのメンズ除毛クリームはコチラ