【性ホルモンとの関係|体毛の基礎知識】

男性ホルモンと男性毛は比例関係

男性・女性ホルモンが体毛の濃さに与える影響もよく語られます。

 

このテーマについて整理しました。

 

おすすめのメンズ除毛クリームはコチラ

 

体毛の分類

まず、体毛を性との関連を基準に分けましょう。

 

体毛は無性毛と性毛に分けられ、性毛は両性毛と男性毛に分けられます。

 

 無性毛 頭髪、眉毛、まつげ、手足の毛
 性毛 両性毛 わき毛、陰毛(下部)
 男性毛 ヒゲ、胸毛、陰毛(上部)、背毛

 

無性毛は生まれた時からある体毛です。

 

性毛は性ホルモンと関係が深く、思春期から生えてきます。

 

男性毛は主に男性のみにある体毛です。

 

男性ホルモンと男のムダ毛

男性ホルモンが増加するとヒゲや胸毛、陰毛上部の腹毛などが濃くなります。

 

ですが、男性ホルモンが減ったからといって毛深い男性が除毛の必要がなくなるほどムダ毛が減るとも思えません。

 

男性ホルモンが減ると性欲減退、ED(勃起不全)、すべてに対する意欲の低下など、別の深刻な問題が起きます。

 

男性ホルモンの血中濃度が高い状態は、多くの中高年男性にとって憧れです。

 

男性ホルモンは積極的に人生を切り開いていくための燃料でもあるのです。

 

男性ホルモンを減らしてムダ毛を減らせないか、などと考えない方がいいと思います。

 

除毛は別のアプローチで進めましょう。

 

性ホルモンと頭髪の関係

ちなみに頭髪は性ホルモンと面白い関係にあります。

 

「男性ホルモンが多い人はハゲが多い」という話を聞いたことがあるはずです。

 

しかし、これは正確ではありません。

 

男性ホルモンはそれ自体でハゲにつながるわけではありません。

 

仕事をガンガンやって、お金を稼いで、女性と遊びまわっている人でも、いつまでも髪の毛フサフサの人もいますね?

 

しかし、「5αリダクターゼ」という酵素を多く持つ体質の人は、これが男性ホルモン(テストステロン)と反応してジヒドロテストステロンという物質を作りだします。

 

これがハゲを引き起こすのです。

 

詳しく言うと、ジヒドロテストステロンが毛母細胞に入り込み、毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体(レセプター)と結合。

 

これにより、毛母細胞の細胞分裂を抑制します。

 

しかし、テストステロンがいくら多くても、ジヒドロテストステロンに変化しなければ、頭髪の脱毛は起きません。

 

つまり、一定の遺伝的・体質的条件の人の場合にのみ、男性ホルモンの増加がハゲにつながるわけです。

 

一方、女性ホルモンの減少も頭髪の減少を引き起こします。

 

更年期を迎えた女性は薄毛に悩まされる人が多いですが、原因はこれです。

 

男性の薄毛と女性の薄毛は原因が違うわけですね。

 

男性の薄毛がAGAと呼ばれるのに対し、女性の薄毛はFAGAと呼ばれています。

 

FAGAはレディースアートネイチャーなどの女性用かつらや女性用発毛剤の市場を作りだしています。

 

ちょっと脱線しましたが、性ホルモンと体毛の関係のまとめでした。

 

おすすめのメンズ除毛クリームはコチラ